12月17日(火) | 金沢21世紀美術館シアター21

2019/12/17 Dance Well石川1周年記念 Dance Well@金沢21世紀美術館

今回のダンス・ウェルはDance Well石川1周年記念とし、ダンス・ウェルクラスに加え、Dance Well主宰であるイタリアのバッサーノ・デル・グラッパ市CSC現代演劇センターのロベルト・カザロット氏とDance Well石川実行委員会によるトークセッションを行い、イタリアで2013年より展開しているDance Wellの活動や日本で始まった取り組みについてご紹介します。
お申し込みの受付は終了しました。
2019/12/17 Dance Well石川1周年記念   Dance Well@金沢21世紀美術館

日時・場所

2019年12月17日 14:00 – 16:15
金沢21世紀美術館シアター21, 日本、〒920-0962 石川県金沢市広坂1丁目2−1(地下1階)

イベントについて

14時00分〜15時00分  Dance Well クラス

講師:白神ももこ、長澤あゆみ、横谷理香

オブザーバー:ロベルト・カザロット、なかむらくるみ

対象: パーキンソン病とともに生きる方/ダンス・ウェルに興味を持ってくださる方 初心者歓迎

講師 : 白神ももこ

振付家/演出家/ダンサー/ダンス・パフォーマンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」主宰

2019年度〜埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督

講師 : 長澤あゆみ

英国The London Ballet Company創設メンバーとして活躍した後帰国。現在は1歳半~中高年まで幅広い年齢層を対象に、ジャンルを越えたクラスを展開している。

講師 : 横谷理香

国内外のダンスコンペティションで受賞多数。ヨーロッパ留学の後、ドイツや東京でダンサーとして活動し、現在石川県加賀市を拠点に活動中。

15時15分〜16時15分

トークセッション『Dance Wellという発見—イタリアと日本での取り組みについて』

スピーカー:ロベルト・カザロット、なかむらくるみ、他

進行:黒田裕子(Dance Well石川実行委員会副代表)

ロベルト・カザロット(Dance Well主宰者)

バッサーノ・デル・グラッパ(ヴェネト州ヴィチェンツァ県)で毎年夏に開催しているオペラエスターテ・フェスティバル(OperaestateFestival, 演劇、ダンス、音楽作品を上演するフェスティバル)のダンスプログラム、およびCSC現代演劇センター責任者

なかむらくるみ(Dance Well石川実行委員会代表)

平成19年度文化庁新進芸術家海外留学派遣制度1年派遣研修。2008年RAMBERT SCHOOL of Ballet and Contemporary Dance 卒業。2018年イタリアでDance Well Teachers Course 修了。

Dance Well@金沢21世紀美術館 ダンスクラス+トークセッション

12月17日(火) 14時〜16時15分

会場 : 金沢21世紀美術館 シアター21(地下1F)(金沢市広坂1-2-1)

料金 : 無料(要予約)  定員 : 50 名 

主催 : Dance Well石川実行委員会 

*ダンス・ウェルは芸術活動であり、治療やリハビリテーションではありません。ご自身の体調管理はご自身で配慮していただくようお願いします。

このイベントをシェア